日曜日, 11月 29
Shadow

セラピーのスキルを持つ看護師の活躍の場

看護師がセラピーのスキルを役立てられる職場は全国的に増えており、特に大規模の総合病院や介護施設をはじめとして、行動療法や心理療法など様々な分野での経験が豊富な人が重宝されるようになっています。
例えば、認知症や発達障害などを抱えている患者に対して適切に看護を行いたい場合には、早いうちからセラピーの基礎的な知識を学ぶことで、仕事中の様々な場面で貢献することが可能です。
また、経営の面で余裕がある医療機関の中には、セラピーに関する資格取得を目指す看護師のために、勉強会を開いたり、学習費用の援助を行ったりしているところもあります。
看護師としてもセラピストとしても学びたい、成長したいという意欲を持つ方は、スタッフ教育の充実さに応じて勤務先を決めるのも1つの方法でしょう。

看護師がセラピーの基本的な事項を覚えるために掛かる期間は、個人差があります。そのため、初めてセラピーの勉強を始めるにあたっては、実際にセラピストとして各地の医療や介護の現場で長く勤めている人の話を聞くことが大事です。
また、セラピストの需要や重要性については、病院が提供している医療サービスや患者のニーズにより異なります。そのため、転職前に採用担当者に具体的な仕事内容について詳しく説明を受けることが大事です。
その他、職場によってはセラピーのスキルが高い看護師を対象として責任の重い仕事を任せたり、看護師長や主任などの役職者に登用したりするところもあります。